両国あしの治療院/リンパ浮腫治療 患者様の声

リンパ浮腫患者様編

 リンパ浮腫は発症すると完治することが大変難しいと言われています。腕や脚が多少むくんでも痛くないから、命に関わらないから、と治療は先延ばしになりがちです。しかし、当院できちんと治療に専念された患者様からは治療をして良かったと多くのお言葉を頂いています。

具体的には……
  • むくみが改善し、脚または腕が細くなったこと
  • 細くなったことでブーツが入る、また細身のパンツがはけるようになった
  • 蜂窩織炎など炎症回数が減ったこと、または全く起こさなくなったこと
  • 正しいセルフケアについて指導を受けられリンパ浮腫との付き合い方が分かったこと
  • 正しい方法と努力次第で良い状態を保つことが出来ること
  • 薬を使用しない治療法で副作用の心配がないこと
  • 病院ではこれは治らない、と言われたが良くする方法があることが分かったこと
やはり、むくんだ脚または腕が細くなってゆくことは男女を問わず、患者様にとって最大の喜びであるようです。しかし、時には辛い事や悩み事を伺うこともあります。

具体的には……
  • 一生、弾性ストッキングや包帯で圧迫しないといけないと思うと憂鬱になる
  • 年を取った時のことが心配
  • 子供が小さいが炎症が怖いので一緒に海やプールに入れない
  • 蜂窩織炎など炎症のことがいつも気がかり
  • ゆとりのある衣服や靴しか身につけられない
  • 治療費や弾性ストッキングなどが自費で高額
 辛い事や悩み事は患者様にしか分からないこともありますが、私達セラピストは、患者様から悩み事やその解消法などを伺い、これは良いアイデアと思ったことは同じ悩みを持つ患者様にお伝えするよう努めております。

うーん、これは困った・・・8月の土曜日の午後、初めてリンパドレナージのマッサージを受けた帰り、右脚は20枚ほどの包帯を巻かれて半ギブス状態になっていました。セラピストの方からは「なるべく脚を動かすように」、「ずれ落ちたら包帯を取り替えて下さい」といわれましたが、この状態ではそもそも脚が自由に動かせないし、包帯もずれ落ちそうになるのではないかと思いました。
 しかし、不思議なもので、1日経ち、2日経つうちに、割と楽に脚を動かせるようになるし、包帯も少しずつですがずれ落ちてきます。そして木曜日には20cm以上ずれ落ちていました。そしてその夜、取り替えるために包帯を恐る恐る解いてゆくと、

おっ、これは・・・。出てきた脚は見違えるほど細くなって、むしろ貧弱になったようにさえ見え、これは続けて行けば何とかなる、と期待を抱かせるには十分な脚でした。

 思えば、私は、19歳の時に原因が分からず左脚がむくみはじめてから、30数年色々な病院で診ていただきましたが、脚は太くなる一方で細くなることはありませんでした。それが細くなった時には感動的だったのです。

 リンパ浮腫の治療にあたっては、リンパドレナージは効果的ですが、包帯による療法もそれに劣らず重要なことと思いますので、包帯療法をする時に私が留意していることを何点か挙げてみます。治療する上で、何かの参考になれば幸いです。
1睡眠について
包帯の巻き方の加減でしょうか、寝ていると足首や足指が痛くなることがあります。その時は、我慢せず包帯を緩めるか、解いて睡眠をとることを第一に考えています。そうしないと体全体に悪影響が出てきて、治療自体が長続きしません。
2包帯の巻き方について
包帯の巻き方ははじめに説明してくれますし、説明書もあります。また、包帯を解く時に注意しながら逆にたどってみたりしていますが、それ程神経質にならず、大体巻ければ良いと思っています。
3風呂について
脚全体にラップを巻いて、端をガムテープで止めてシャワーを浴びる等いろいろ試みましたが、どこからか水は入ってきました。3回ほど無駄な努力をして、以後は体を拭くことであきらめました。
 要は、生活してゆく上で負担に思うと長続きしませんので、楽しみながらとは行きませんが、気楽に考えて続けることが大事だと思います。続ければ必ず改善すると確信を持って・・・
 指導を受け、現在はオーダーメイドストッキングと包帯を両用して右脚の治療を続け、より重症であった左脚の治療にかかったところですが、必ず良くなるという確信を持って、粘り強く治療にあたっていこうと思っています。

>> Back

治療をご希望の方へ・お問合せ・ご予約について
両国あしの治療院
〒130-0021 東京都墨田区緑 3-17-11 あしのビル4階
<電話>03-5600-1778